大分コラム

大分県民のソウルフード唐揚げは食べ方次第で毛深くなることもある?



日本人1人あたりの鶏肉消費量が、九州地方の6県が占めているのはご存知でしたか??


第1位は福岡県。
水炊きや焼き鳥で多く消費されています。

そして、宮崎はとり南蛮、大分は唐揚げと言うように、地域を代表する料理が鶏肉を使ったものが多いのも
理由と言えるでしょう。


中でも、老若男女 誰でも好きな唐揚げ!
「中津のからあげ」は大分県のB級グルメとしても有名!そして全国的にも唐揚げの聖地とも言われています。


大分県の中津市と宇佐市は特に唐揚げが人気が高い地域です。
あのケンタッキーが出店するのをためらう、潰れてしまうという噂もあるほど、唐揚げにアツい街です(笑)


中津市や宇佐市は元々養鶏場が多く、戦後食糧難の時代から鶏肉料理が重宝されてきました。


宇佐市にある「来々軒」(現在も営業中)で鶏肉料理の唐揚げを出したのが、日本での「唐揚げ」の始まりと言われているようです。


来々軒から居酒屋へと伝わり、唐揚げを持ち帰る主婦が多かったことに目をつけて、持ち帰りの唐揚げ専門店を開き、宇佐市内外へと広まっていったのです。


現在、宇佐市・中津市には100軒を超える唐揚げ店があり、醤油+にんにく+しょうがに漬け込み、しっかりと下味をつけて揚げるのが特長。


いまは、店舗ごとに個性をだし、塩味やピリ辛など色んな種類の唐揚げを作るお店もあり、食べ歩きして味の比較をするのもオススメです☆



私も唐揚げ大好きです!!
でも、唐揚げのカロリーが気になりますよね・・・


実は、からあげは栄養豊富で美容にもいい食べ物だったんです!!揚げ物なのにちょっと意外な感じもしましますよね?


唐揚げの原料、鶏肉は、良質なたんぱく質とコラーゲンを多く含む、美肌・美BODYに適したメニュ
ー。

揚げ物の中でも油の吸収率が最も少なく、気になるカロリーも、ハンバーグやトンカツと比較すると、唐揚げ自体はそれほど高くないのです!


食べるときの注意点は味付けと食べ方です。


味付けは醤油や塩味がBEST☆
甘辛タレやピリ辛味はご飯やお酒が進むので糖質・カロリー共に摂取量が上がってしまいます。


太らないように唐揚げを食べたいなら、お酒のおつまみとして食べるのがオススメ。
お酒は糖質オフのウイスキーやブランデーなどの蒸留酒を選ぶといいでしょう。


さらに!大根おろしを組み合わせるとさらにヘルシー!!


大根に含まれる消化酵素のお陰で、体内の消化酵素を使わず消化を促すことができるため代謝へまわすことができます。
代謝が良くなれば、老廃物の排出が促され、便秘の解消、肌のターンオーバーも整います。



唐揚げをお店で注文すると必ずと言っていいほどついてくるのがレモンですよね。
レモンが添えてあるのにもちゃんとした理由があり、レモンに含まれるクエン酸が消化吸収をよくし、ビタミンCが血中コレステロールを下げたり、抗酸化作用もあります。


唐揚げはレモンをかけることでGI値を最大で30%も軽減することができるのです。
高GI食品は血糖値を急激に上げることでインスリンの分泌が活発になり太りやすくもなりますし、血糖値を上げるとムダ毛も濃くなってしまう!?なんて噂もあるので、GI値を上げにくくする食べ方の工夫も必要なんですね☆



大分の人気脱毛サロン

 

脱毛お役立ち情報

 

大分コラム