大分コラム

大分が生んだ競泳世界記録保持者渡辺一平選手☆水泳選手のアンダーヘア事情は?


リオオリンピックで200M平泳ぎ 準決勝でオリンピックレコード、2017年1月に行われた 第10回 東京都選手権水泳競技大会(北島康介杯2017)で2分6秒67の世界新記録を樹立した競泳の渡辺一平選手!


現在もその記録は破られておらず、200M平泳ぎの世界王者!!


彼の経歴を見てみると、大分県津久見市出身。身長は日本人離れした長身の193cm!
小学校2年の頃に泳ぐ楽しさを知り、本格的に水泳を始め、中学1年の時に全国ジュニアオリンピック(JOC)に出場!!


小学校2年生から水泳を習い始めて、中学1年で全国大会へいけるって、ほんとにスゴイ!
恵まれた体格と、元々の才能なんでしょうね。羨ましい。


高校2年生のときには、南京ユースオリンピックの日本代表入りし、平泳ぎで優勝!!
この当時で、足のサイズが30センチもあったとか!?


30センチもあると、足に足ひれがついているような感じで平泳ぎにはすごく有利とききます!


高校3年の春のJOCでは100M・200M平泳ぎで二冠を達成!


スゴイ経歴の持ち主です!
体格と才能はもちろんですが、人一倍努力をしてきたからこその結果ですよね!


ウチの娘達も、水泳をやっていて選手コースで週6日練習しています。
なので、JOCへ行くことがどれだけスゴイことなのかよく知っています☆県でNo.1でも全国へ行くとなかなか厳しいと聞く中で、二冠☆って尊敬に値します!


大会や練習を見ていて思うことがあります。


それは、競泳選手(特に男性)の水着って股下が結構浅くて、アンダーヘアがみえそうな際どいギリギリのところで履いていますが、誰も見えません(笑)



と言うか、オリンピックやワールドカップ、日本選手権など大きな大会をTVで見ていても、地元の大会でも毛深い選手ってみたことがない!!


なぜなんだろう??
たまたまみんな毛深くないのか?


それとも、プールの塩素とか関係しているのか??
塩素の入ったプールで毎日泳いでいると、徐々に紙は脱色されていって茶髪の子が結構います。
ウチの娘達も、真っ黒ではないです。特に下の娘は茶色で一部の細い毛は金髪に近い状態(笑)


塩素には、漂白成分が含まれているので、髪の毛や体毛が徐々に茶色くなっていくこともあり、夏の紫外線もメラニン色素を壊してしまうので、体毛が茶色く変化して行く人もなかにはいるようです。


塩素も少なからず毛に影響しているようですが、気になったのでちょっと調べてみました。


プロの競泳選手は男性でも試合前に全身の毛を処理しているんだそうです!


水泳はコンマ1秒を争うスポーツ。
少しでも水の抵抗を減らすために、全身の毛はもちろん、ヒゲも処理してしまうんだとか!


言われてみれば、水泳の強豪校の男子部員たちはほぼ全員丸坊主!
少しでも水の抵抗を減らすためだったんですね!!


女性はある程度の年齢になると、身だしなみとしてムダ毛を処理しているので「試合前だから。」と言うのはないようですが、男性選手も自己ベストを出すために地道に努力をしているのですね。



大分の人気脱毛サロン

 

脱毛お役立ち情報

 

大分コラム