脱毛お役立ち情報

毛抜きでムダ毛処理する際に注意すべきこととは?

脱毛する時間はないけれど、すぐに無駄毛を処理したいというときに便利なのが毛抜きです。安価で用意でき、コツさえつかめば誰でも気軽に利用できる方法です。


しかし自己処理として一般的に行われているとはいえ、使用する際は注意が必要です。



毛穴に無理な力を加えて無駄毛を引き抜くので、大きなダメージがかかり毛穴が開きがちになるほか、出血して肌荒れを起こしたり埋没が発生する恐れもあるからです。


その注意点としてまず大切なのは、処理を行う前に肌を温め毛穴を開いておくということです。


毛穴の汚れを取り除けるよう肌にホットタオルを当てると効果的と言われていますが、同じような要領でホットタオルにて毛穴を開かせておきます。そして無駄毛が生えている方向をチェックし、その方向に毛が抜けるよう一気に引き抜くのです。


あまり時間をかけ過ぎると肌の痛みが強くなるばかりか、毛穴へのダメージも倍増し肌トラブルが起こりやすくなります。


この際、毛抜きを持たない方の手を使って無駄毛を抜く部分を広げるようにしたまま行うと、何もせずに抜くよりは抜きやすくなります。


そんな毛抜きを使った自己処理を終えたあとは、毛穴が開いたままで戻るのが遅くなってしまうため、アフターケアとして肌を冷やし毛穴を引き締めることも大切です。水で濡らしたタオルをしぼって肌に当てるだけでも十分なので、作業の終わりには面倒でも忘れないようにします。


また、少なからず毛穴には傷がついている状態であり、不潔にしていると雑菌が入り込み炎症を引き起こす可能性も否定はできません。これを予防する意味も込めて処理後は殺菌作用のあるローションなどを塗っておくと安心です。


これらの作業に加え使用する毛抜きにも注意を払うようにし、毛抜き自体を消毒しておくのも肌を守ることにつながります。そのほかには100円などで購入すると刃の部分がずれていたりして上手く毛を抜くことができなくなるので、あまりにも安いものは避けるようにします。